FC2ブログ

2012-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらし・手づくり・ガーデニング

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社の「手づくり」研究室

研究ファイルNo.11 秋植えの球根 その① ガーデンピック作り

チューリップ、ヒヤシンス、クロッカス、アネモネ・・・
可愛らしい春のお花の準備の時期がやってきました。
この時期になると、球根を集めなくちゃ!と
気持ちが盛り上がりますね。

「春が来たよー!」って色とりどりの花が咲く、
ざわざわ賑やかな原っぱで仕事をするのが夢です。

寒い冬の間、土の中でじっと春を待つ植物たちは
本当に健気です。
しかし、冬の間ちょっと淋しいので
ガーデンピックを作ってみることにしました。


市販のものは自由なアイデアですごく素敵!
今のわたしにできるとしたら・・・

とりあえず、園芸用のアルミ線を使って
なにやらごにょごにょ作ってみます。

DSC_1453.jpg

娘がお昼寝をしてくれる間に
ちょこっとずつちょこっとずつ・・・

ここで愚痴をひとつ。。。

娘と産院から帰ってきた時(退院した時)
一日中泣き続け
夜中も大声で泣き続け
昼寝もせず
この人は大きくなれるのかと
本当に心配しました。

産院ではよく飲み、よく寝、よく笑う
と助産師さん方から随分可愛がられていたのに。


なのでわたしは少しムキになっています。
絶対に9時に寝せて早起きできる子に!
人のお話がきちんと聞ける子に!

そのためにお日様の動きに合わせて
生活のリズムつくりを心掛けています。

夜の8時はもう消灯。
涼しい時間はなるべく散歩。
パパがオリンピック・パラリンピック・サッカーなどに
声を上げようもんなら
娘を寝かしつけながら
「こっちも真剣勝負よ!」と目で攻撃します。

なので山口さんちはこのところ
漁師さんみたいに早寝早起きでがんばっております。

最近できたママのお友だちも
みんなそれぞれがんばっているみたい。

それで随分話がそれましたが
黙々とやっているとこんなのができてきました。

DSC_1457.jpg


来週、完成します!
  
スポンサーサイト

ガーデニング・エクステリア

2.流行を見つめて

山口 嵩明(以下T) 山口 ゆみ(以下Y)

T:そう考えると時代のニーズに合わせて変わっていくのですね。

大森 信哉氏(以下O) 奥様(以下M)

O:そうですね。やはり時代の変化に合わせていくことが必要ですね。
  植木でもそうです。
  以前は、ヤマモモやモチノキなどを庭には必ず植え込んでいましたが、
  今は、落葉樹が主流です。
  出水市で盛んなマキノキの段もの等も、需要が少なくなっていましたが
  今、中国でマキノキブームになっているので出水市の生産も活性化しているようですね。
  
Y:やっぱり植物も時代の影響を受けるんですね。

O:「庭のかたち」も変わってきて落葉の木がメインになっています。
  あとは、シマトネリコという木も流行りました。

  ただ、雑木の庭が流行りだしたのも最近ですよね?

T:そうですね。最近では、雑木のお庭が人気です。

DSC_1305.jpg


T:以前から大森さんにお聞きしたかった事があるんですけれど、
  いつも、いい樹木を沢山揃えていらっしゃいますが何か選ぶ際に
  気を付けていることとかあるんですか?

O:ん~そうですね。
  やっぱり気をつけていることの一つに、お客様のニーズに合わせてということがあげられますね。
  時代の流れに合わせて選んでいます。
  最近では、山取り風の木ですね。曲がっていたり、片枝の木だったり、下枝がなかったりという
  様な木です。何年か前までは、八方美人の木でしたよね。

T:なるほど・・僕たちも山取り風好きですね。
  
  この先はどう変わっていくとおもいますか?

O:この先は、また昔のお庭に戻って行くような気がします。
  「和」のお庭がまた流行るといいですね。

Y:これから○○派、○○派と分かれていくかもしれないですね。

O:そうだと思います。

T:確かに!お家にしてもそうですものね。
  
O:話は戻りますが、気候的に合わない木も注文があれば出荷しなければいけないこともあるん
 ですよ。

T:そうですよね。
  しかし、どうなんでしょう?木も人間と同じように環境に適応していくと言われていますが、実際
  には合わないこともありますよね?

O:もちろんありますね。
  特に、寒い地域の木を鹿児島の様な暖かい気候の地域に持ってきたり、逆に鹿児島の木を急に
  寒い地域に植えたりすると枯れてしまいますね。

  植えた年は、大丈夫だったとしても翌年の気候が急激に変わってしまったりしてかれることも
  あります。

T:なるほど、長い目で見て樹木と付き合って行くことも大事ですね。


『お庭に家族の笑顔を増やしたい』 鹿児島出水の小さなお庭屋さん、

SANPOH社のオンライントークショー

次回は、「いろいろな目線から楽しむ」というテーマでお送りします。

くらし・手づくり・ガーデニング

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社の「手づくり」研究室


研究ファイルNo.10 小さな穴から光が漏れる手づくりランプシェード

今週は体調不良のため研究はお休みしました・・・。
代わりに一年ほど前に作ったランプシェードをご紹介します。


材料
ガルバリウム鋼板、真鍮線
用意したもの
鉛筆、マジック、絵の具(白色)、筆、厚紙(型紙をとるもの)
マスキングテープ、釘、金づち、万能ハサミ(金属が切れるもの)、ペンチ、軍手
作業台となるような木の板


①型紙を作ります。
 作りたいランプの形をイメージして展開図を描きました。
 (雑誌などを参考にするとイメージが見つかりやすくなります)
そして、絵柄も考えて描きこみます。
②型紙をもとに、鋼板を金切ばさみでカットします。

③カットしたものの上にもう一度型紙を当てて
 マスキングテープで紙がずれないように軽く固定します。

④型紙に描いた図案に合わせて一か所ずつ穴を開けていきます。
 釘を金づちで叩いてで穴を開けていきます。 (穴と穴の間隔や、穴の微妙な大きさの違いが面白いですよ)
*白色の絵の具で直接鋼板に図案を描いて穴を開けてもいいです。

筒状にするために、両端を真鍮の線でつなぎ止めます。

⑤両端の穴の位置をそろえるために、
 一方の端にマスキングテープを貼り、上下のしるし、穴を開ける位置を
 マジックで書いておきます。

⑥しるしの位置に合わせて真鍮線を通すための
 穴を開けます。

⑦マスキングテープをもう一方の端に貼り変えて
 同じように穴を開けます。

⑧穴が開いた鋼板を手で曲げてかたちを作ります。

⑨端と端を合わせたら真鍮線で止めて固定していきます。

これでシェードは出来上がり。
あとは、電球、ソケットや引っ掛けシーリング、などの
部材を用意して配線の作業をすると手づくりのランプができました!

わたしは丸い形で4つ。

DSC_1382.jpg

これはお気に入りのタコ。「サッカー占い師のパウル君」が
モチーフなんです。
でも、誰もわかってくれない・・・。

そしてこれは大好きなカツラの木の葉っぱをモチーフにしました。

DSC_1379.jpg

そしてやっぱりシンプルがいいですね。

DSC_1380.jpg

この波模様。フリーハンドの図柄です。

それからこれは筒状で
裾をお花のかたちにカットしました。

DSC_1385.jpg

作り方を言葉で書くとなんだかとっても難しいですが
実際に作ると楽しいですよ。

SANPOHさんちの照明は全部手づくりです。
本当はコードなどまだ納得いっていないのですが
(もっとこだわりたい!)
明日、出産の為実家に帰ります!というその最後の日に
16か所の照明セッティングしました。
内装家・サイトウさんに作り方を教えていただいて
おかげで手に職です(笑)。
サイトウさんの素焼きシェードもいっぱい活躍しています。

自分の手で作ったものが実際のくらしに役立つというのは
本来は当然のことであるはずですが、
こうしてやってみるととっても新鮮でした。

普段、自分が簡単にものを手に入れ、手軽に扱っていることが
わかります。

ずっと使える良いものを、手入れしながら大事に扱っていけたらな・・・
そう思います。

もちろん、お庭も。
ゆっくりゆっくりかたちを変えながら、
家族と一緒に生きるお庭をSANPOHはつくります。

ガーデニング・エクステリア

1.お庭(樹芸園)に関する想い

山口 嵩明(以下T) 山口 ゆみ(以下Y)大森さんよろしくお願いします。

大森 信哉氏(以下O) 奥様(以下M) よろしくお願いします。

T:早速ですが、大森さんが植木屋さんを始めたきっかけをうかがってもいいですか?

O:そうですね、前は(大森さんのお父さんの時代)は植木で商売が成り立つ時代ではなかった。
  まず、食料という時代でしたからね。
  ただ、この樹芸園がある一帯は田んぼが少なく畑作が盛んでした。
  例えば、桑(蚕の餌になる)の苗を作ったり、植木では山に植える杉や檜、松などの山林の
  苗を育てていました。
  SANPOHさんのある、出水市が植木で有名なのもその山林苗がメインだったんですよ。

T:今はもう山で育って大きくなっていますよね。

Y:それを育てて出荷されていたんですか?

O:そうです。国がそれを植林するときに買い取って山に植え込んでいたんですよ。
  ただ、今になってその反動が・・・自然の植生というところまで考えていなかったので、
  成長の早い杉や檜などの針葉樹を自然林を切り開いて植え込んでいました。
  成長が早いのですぐに材木として出荷出来ますからね。
  しかし、杉や檜の割合が一気に増えたために花粉症などの健康被害がでてきましたよね。

  私も花粉症なんですけどね (笑)

T:そうなんですね (笑)

O:今でもそうだと思います。
  そのあと、杉がダメだからと広葉樹を植えたのですが、その広葉樹もそこに自生している
  樹木の種ではないものを植えたんですよ。クヌギであれば韓国の種です。
  
  なので、元々日本の土地にあってない種を植えると、何か大きな気候の変化があった時に
  一気に枯れてしまう可能性がありますよね。

  その一方で、自生している木などは今まで何百年、何千年という間に様々な苦難に耐えて
  生き残っているのでやはり強いです。

T: なるほど。
そうですよね。自生していたものが強いですよね。
  
O:外国のものだけではなく、日本国内でも同じですよ。
  気候が違うので九州の木を東北に植えても育たないですよね。
  太平洋側か日本海側かでも変わってきますから。
  アメリカでも、樹木の地図があってそれを区割りして番号で振り分けられていてこの苗は
  ここの地域で育ちます、といったふうにカタログに記載してありますよ。

  日本でも、カタログに記載するとかいった方法を取らないと育たないものを植えてしまう可能性も
  ありますからね。

T:そうですね。わかり易いカタログなどがあれば便利ですね。 

O:間違った木を植えてあとの世代に迷惑をかけてしまうことは避けたいですからね。

T:植木は、植えてその時だけではないものですからね。
  さきのことまで考えて作っていくことは大事ですね。

DSC_1307.jpg

Y:なるほど。大森さんの樹芸園はそこからはじまったんですか?

O:そうです。元々は、山苗から始まって今に至ります。
  ただ、外国からの建材が安く輸入できるようになってからは、山苗屋さんはほとんどやめてしまい
  ましたね。山苗だけでなく蚕を飼育している方も減ったのでそういった影響もありますね。

T:そういえば、私の祖母の時代も自宅で蚕を飼っていたという話を聞いたことがあります。
 自宅に蚕の部屋があったみたいですね。

M:その時期は、畳をはいで蚕の為の部屋を作っていたみたいですよ。
  いまではなくなってしまいましたけどね。

O:実は今、桑の葉が違う意味で注目されているんですよ。

T:というと??

O:桑の葉を粉末にして飲む、健康食品として注目を集めています。
  そういったことで、又あらたに桑を栽培し始めていますね。



『お庭に家族の笑顔を増やしたい』 鹿児島出水の小さなお庭屋さん、

SANPOH社のオンライントークショー

次回は、「流行をみつめて・・・」というテーマでお送りします。

くらし・手づくり・お庭

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社の「手づくり」研究室

研究ファイルNo.9 手づくりキャンドル

朝夕ずいぶんと涼しくなりました。
一年の中でわたしはこの時期が一番好きかもしれません。

夕焼けが特にきれいです。

こう涼しくなってくると
夕暮れ時からなんだかキャンドルを焚きたくなりませんか?

というわけで
今週はキャンドルをつくりました。


学生時代、造形講師のアルバイトで
キャンドル作りをしたその時のレシピを思い出して・・・


DSC_1362.jpg

材料
ロウソク、クレヨン
用意したもの
小さい鍋、紙コップ(ガラスの容器)、空き缶、
ハサミ、爪楊枝


①ロウソクをポキポキ小さく折ります。
 同時に中の芯を取り出します。
 (この芯は後で利用します)

DSC_1370.jpg

②好きな色のクレヨンをちょこっとだけ
 削り容器に用意します。

③空き缶に小さくくだいたロウソクを入れ、
 小鍋で湯煎にかけてロウソクを溶かします。

DSC_1371.jpg

④ロウソクが溶けたところで②で用意したクレヨンを
 少しずつ入れてくるくる容器を回しながら溶かします。

⑤紙コップやガラス容器に流し込みます。

DSC_1376.jpg

⑥表面が少し乾いたところに
 爪楊枝で穴を開け、芯を差し込みます。

⑦一色でも、お好みの色を重ねても
 きれいです。
 (重ねる場合は前の色の層が固まってから)

⑧紙コップから取り出し、ハサミで芯の長さを
 整えれば出来上がりです!

DSC_1386.jpg

今年のキャンドルナイトは手づくりキャンドルで
過ごしたいと思います!

ガーデン・エクステリア

鹿児島県出水市の小さなお庭屋さん、SANPOHのオンライントークショー


第2回目のゲストは、私たちがいつもお世話になっている植木屋さん
大森樹芸園の大森ご夫妻です。

大森さんとは、以前勤めていた会社の頃から8年ほどのお付き合いで
いつもいきいきとした、愛情たっぷりの樹木を提供して頂いています。
そして、樹木のことなど詳しく教えてくださいます。

また、いつも温かく応援して下さり、優しく接してくださるお二人が私たちは大好きです。

そんな、素敵なご夫妻とお話をさせて頂きました。

1. お庭(樹芸園)に関する想い

2. 流行をみつめて

3. いろいろな目線から楽しむ

4. お庭のある生活

5. やっぱり緑が好き

6. 理想のお庭

の6回にわたりお送り致します。

くらし・手づくり・お庭

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社の「手づくり」研究室

研究ファイルNo.8 お部屋の中の友だち ~多肉植物~


SANPOHさんちのワルゴロはなチャン。
7か月半。
体重約8キロ。
趣味:探検、水浴び
特技:ハイハイ、立っち、拍手
好きな言葉:「マ」

DSC_1263.jpg

一時も目が離せないおてんばさんになりました。
生まれたすぐから、いろんなことを話しかけてきましたが
日に日に反応が出てきて
もう、赤ちゃんというよりは子どもです。
ママの独り言ぶつぶつ・・・だったのが
今では言葉こそ出ないものの、立派に対話のようなものが
できている気がします。

最近、前歯が生えてきた娘の顔を見てよく思います。
こんな「歯のない笑い顔」が見られるとしたら
次ははながオバアチャンになった時だね。
はなが八十バアチャンになるのを
是非見てみたいけど、ママは110バアチャンにはなれないかも・・・。

腱鞘炎の手、おんぶ抱っこの肩(恥ずかしながら膝も・・・)
寝不足も、追いかけっこも・・・
ちょっと大変ですが
こんな毎日に感謝しています。

おなかの中にいた10か月。
そして世間に出てきてもうすぐ10か月。
「お母さんと赤ちゃんの不思議」を
たくさん教えてくれてありがとうございます。

いつかテレビで見て、とっさにノートにメモしたことがあります。

それは、自然エネルギー100%の島、デンマーク・ロラン島の
お父さん・お母さん(だったっけ?)が言っていた言葉。
「地球は借りもの」
子どもやその子どもたちにも
美しいまま引き継いでいかないといけない。
確か、このような感じのことだったと思います。

今、その言葉がとても心に沁みます。

わたしのものではなくて
本当はみんな神さまに借りている。
そして美しいまま、次の代に。

DSC_1269.jpg

これはわたしたちの町、高尾野のいつもの風景。

見上げればいつも雲が流れていて、
いつも風で枝葉が揺れています。
地球ってすごくおしゃれだ!



さて、今週はSANPOH家のパパがいろんなものを
作っていました。
その一つをご報告します。

この度、SANPOHに多肉植物がたくさんやってきました。
御存知の通り、乾燥地帯原産の植物。
体内に水分を保持する力を持っているため
比較的気軽に育てることができます。

SANPOHパパは流木コレクションの中の
お気に入りに植えつけてみました。

材料
多肉植物、多肉植物の土、(流木、その他空き缶などお好みで)
用意したもの
電動ドリル(など穴を開けられるもの)

①自然のかたちを活かして
また、ドリルを使って
穴を開けたりしています。

P1050121.jpg

②そこに、市販の多肉植物の土を
流し込みます。

③そして好きな多肉植物を
植え込みます。

DSC_1245.jpg

出来上がり!なんだか、物語の舞台みたいです。
絵本ができそう。

他にも紅茶の空き缶なんかにも植えましたよ。
プレゼントにもいいですね。

ちなみに、エアープランツ
地球上にはすごいヤツラがいるもんです。

DSC_1206.jpg

彼らは、空気中の水分を吸収して成長しているそう。
土も水やりも要りません。



多肉植物。
今SANPOHに入荷しました。
お近くの方はどうぞお立ち寄りください。

また、アパートや借家などででいろいろと作業のしにくい方。
SANPOHの作業場でご一緒に活動しましょう!
ご連絡いただければ都合をつけておきます。


今週はこれでおしまい。
ありがとうございました!

«  | ホーム |  »

プロフィール

株式会社 山宝

Author:株式会社 山宝
私たち株式会社山宝(SANPOH)は 庭仕事の業界ではまだまだ若く小さな会社ですが、『お庭を通して笑顔の絶えない仲良し家族を増やしたい』との想いを持って日々活動しています。
他にも・・・
くらしのこと、家族のこと、環境のことなどなど、学び続けて行きたいと思っています。
鹿児島出水市のオフィス兼店舗・ECサイトでは、Annie Sloan CHALK PAINT™のストッキスト(正規販売店)としてアニースローン チョークペイントやその他アニースローン商品の販売・ワークショップなどを行っています。

↓SANPOH社のアニースローン通販サイト
「The Little Ladybird」
http://www.oniwaii4.com

http://www.garden4everyone.com

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。