2014-02

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ『バラの剪定教室2014』

こんにちは。
鹿児島県出水市で小さな庭屋を営むSANPOHです。

先日、2月1日㈯に行いましたワークショップ
『バラの剪定教室』の様子をご報告いたします。

昨年に続き出水市のHさまご夫妻のお庭と畑をお借りして
午前の部8組11名、
午後の部6名の皆さまにご参加いただきました。
ぽかぽか陽気にも恵まれて本当に良かったです。

14 - コピー

木立性のバラ、ツル性のバラに分けて
まずは剪定のポイントをご説明します。

初めについている葉を落として
込み入った枝や明らかに不要な枝を落として・・・
と、一つずつ整理していきます。

「この中で一番古い枝はどれだかわかりますか?」
「どこで切り落としたらいいでしょう?」

P1011987 - コピー

枝を落とすたびに「え~!」
「そんなに切っちゃうの?」
「わたし(バラが可愛そうで)できないわ!」と
みなさんおきまりのリアクションをしてくださいました(笑)

P1012037 - コピー


みなさんと考えながら3~4株を剪定したところで
畑に移動して
さあ、実践ですよ!

一人一株自分のバラを決めて
実際にはさみを握って剪定します。

P1012049.jpg

24 - コピー


コピー (2) ~ P1012063

「うわぁ~、難しいな。」
「やっぱり無理だ、もう山口さんに頼んだ方が早いよ。」
何て声も・・・(笑)

そうです。
バラの形は株ごとに違います。
1回、2回ではコツを掴むのも難しいはずです。
(なのでSANPOHもしつこく、このテーマのワークショップを3年以上は
続けたいと思っています・・・)

大切なのはバラと向き合って対話をする事かもしれません。
枝の様子からそのバラの状態を見極めて
どの枝を生かしてあげればいいかを考えます。
春に花を咲かせる様子をイメージすることで
バラと気持ちを通わせます。

あちこちでお隣さん同士が集まって相談が始まっていました。

26 - コピー

P1012073 - コピー

わたしたちSANPOHがこのような会を行う本当の目的は
バラの剪定達人を作ることではありません。

それは、お庭に出る楽しみを感じていただきたいからです。
そして庭を楽しむ人を増やすことによって
街を温かく、明るくしたいと願うからです。

例えば中学生や高校生が暗くなった夜道を徒歩や自転車で帰宅する場面を
イメージしてみてください。
メインの通りから一歩入れば真っ暗です。
おそらく十分な街灯を全ての道に準備するのは
とてもとても大変なことだと思います。

でも剪定教室にご興味を持ってくださったみなさんのような方が
昼間庭先でバラと向き合ったとしたら・・・。
庭に出て家族や友人と楽しい会話をしたら・・・。

学生さんが家に帰るころ
日が沈んであたりが真っ暗になっていたとしても
人の温かな気配がそこには残っていると思います。

煌々とした灯りが無くても
明るい雰囲気が道行く人を知らず知らずのうちに
温かくしてくれるのではないかと思うのです。

ご参加くださった方の中には
SANPOHでお買い上げいただいたガーデニンググッズやはさみを
身に着けてきてくださった方がたくさんおられ
とても嬉しかったです。
また、今回出展していたミニショップでは
麻ひもやグローブなど手に取ってくださりありがとうございました!

大事にとっておかれずに、是非大事に使ってくださいね。
そして皆さんのお家の周りから
街を温かく明るく幸せにしていってください・・・。


最後のTea timeと自己紹介。

P1012084 - コピー

お花好きが縁でお友だちが増えたり、
お庭がストレス発散の場になっていたり、
お庭に興味が出て忙しくなっちゃった人がいたり・・・

P1012013 - コピー

みんなそれぞれに素敵なエピソードを紹介してくださいました。

P1012086 - コピー

「え~、どこどこ?今度行くから!」
午後の部では早速こんなお話が始まっていましたよ(笑)


みなさま、貴重な一日を本当にどうもありがとうございました。
またバラのお花が咲くころにお会いできるといいですね。

最後に記念撮影。

午前の部のみなさん
P1012021 - コピー

午後の部のみなさん
P1012099 - コピー

本日も「お庭日和」でしたね。



駐車場を快くお貸しくださったダスキンゼンエイの
有限会社ハタナカさま、誠にありがとうございました。

そしていつも明るく迎えてくださる素敵なローズガーデンのオーナー、
Hさまご夫妻に心より感謝いたします。



http://www.garden4everyone.com
スポンサーサイト

SANPOHのお庭づくり

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社のお庭づくり記録
「お庭のかたち、家族のかたち」
阿久根市Sさま邸 Vol.4最終回 

テラスや、花壇ができたらいよいよ仕上げの工程に入ります。

まずは照明工事。
SANPOHでは、照明の設置にも力を入れています。
お庭に灯りが増えることで、街が少しでも明るくなればと願っています。

2013080712070000.jpg

2013080819300000.jpg

夜のお庭にはまた違った雰囲気が生まれます。

次に、オリジナルの水廻りです。
職人さんが中にはまり込んで加工していた
大小のコンクリート筒は
このように組み合わせてお庭のポイントとしました。
タイルを張り防水の加工を施してあります。
循環式のポンプを使用していますのでメンテナンスもしやすくなっています。

2013080818040000.jpg

お庭から聞こえる水の音はさりげなく安らぎを与えてくれます。
そして特に夏場は涼しさを演出します。


そして最後に行うのが、植栽工事です。
この植栽工事によってお庭の雰囲気が決まってきます。

2013102211190000.jpg


こちらの松の木は、もともとお庭に植わっていた樹木です。
少し位置を修正してメインの樹木として使用します。

DSC_1046.jpg

樹木を植えこんだら、下草を植え込みます。
上の写真では、苔を張り詰めています。
苔で覆われた足下は気持ちのいいグリーンが広がります。

After

2013080817120000.jpg

DSC_1015.jpg

2013103017120000.jpg


2013103016530001.jpg


植栽や川砂利、モルタルなど素材の違いで浮き立つ
ラインにこだわりました。


Sさま、長い工事期間中大変お世話になりました。

樹木の生長や、季節の訪れを感じていただきながら
ご家族やお客さまとの時間を共有できる安らぎの場になることを願っています。



«  | ホーム |  »

プロフィール

株式会社 山宝

Author:株式会社 山宝
私たち株式会社山宝(SANPOH)は 庭仕事の業界ではまだまだ若く小さな会社ですが、『お庭を通して笑顔の絶えない仲良し家族を増やしたい』との想いを持って日々活動しています。
他にも・・・
くらしのこと、家族のこと、環境のことなどなど、学び続けて行きたいと思っています。
鹿児島出水市のオフィス兼店舗・ECサイトでは、Annie Sloan CHALK PAINT™のストッキスト(正規販売店)としてアニースローン チョークペイントやその他アニースローン商品の販売・ワークショップなどを行っています。

↓SANPOH社のアニースローン通販サイト
「The Little Ladybird」
http://www.oniwaii4.com

http://www.garden4everyone.com

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。