2014-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SANPOHのお庭づくり

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社のお庭づくり記録「お庭のかたち、家族のかたち」

出水市Sさま邸の新築外構工事 Vol.3をお送りします。


アプローチの土間下地が出来上がると、次は洗い出し仕上げを行います。
セメントと化粧砂利を混ぜ合わせ、均一に均します。

2013091809350000.jpg

乾き具合を見ながら、タイミングを見てセメントの表面の乾きを
遅らせる特殊な液を吹きかけます。

2013091811030002.jpg

そして、液が乾く前にビニールシートをかぶせます。

2013091907250000.jpg

風で飛ばないように、砂などを重しにして一晩ねかせます。
こうする事で、表面のセメントだけが固まらず翌日に洗い流す事ができます。

2013091908390000.jpg

翌朝、水で洗い流します。
仕上がりは洗い流してみないと表情が見えないので洗いし終えるまでは、ドキドキです。
今回も綺麗に仕上がりました。

これも、職人さんの経験値と技術のおかげです!

アプローチ工事を終えると次は、駐車場の土間コンクリート仕上げに着手していきます。

2013091916250000.jpg

まずは、枠組みを行います。
今回は土間の仕切りにタマリュウスリットと、レンガのラインで区切ります。
曲線のラインは、車の誘導ラインになっているので駐車の目安になります。
ただ、デザインとしてラインを入れるのではなくさらに使い勝手が
プラスされるとうれしいですよね。

2013092014560000.jpg

枠組みを終えたら次はいよいよ土間コンクリート打設です。

この続きはまた次回!
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

オービュッソンブルー

こんにちは!
鹿児島出水で小さな庭屋を営むSANPOHです。
箸工場を改造した小さなオフィスではお庭づくりのお打ち合わせの他、
ガーデン雑貨やアンティークの小物、家具にファブリックなどの販売をしています。
また今年5月からは英国発、アジア初上陸のアニースローン「チョークペイント」のストッキストとして
常時32色のペイント、その他グッズをご用意しています。

今わたしたちは
「チョークペイント」を使って様々な素材、
色のペイントに挑戦しています。

本日のターゲットはこちら。
ガーデンツールのディスプレイに使っていたのですが
少々光沢があるのと、緑がビビッドで
雰囲気にマッチせず、以前から塗り替えたいと思っていたものです。

もとはパイン材の組み立て式の棚です。
ある家の脱衣所でタオルなどが置かれていたそう。
ある日そこへ新しい棚がやってきたので
この棚はその家の子に拾われ
子ども部屋へ。
そして、黄色っぽかった色を嫌われて
緑色に塗り替えられてしまったのでした。

unnamed-14.jpg

その後何度か引っ越しをして
ようやくSANPOHさんちに腰を据えた
というわけです。
ご苦労さま!

それで、どんな色にしようか・・・
と迷っているとアンティークの
可愛いハンドツールが目に入りました。
こんな色いいな。
今回は「オービュッソンブルー」という色に決まりです。

unnamed-26.jpg

これまで試したところ、
下処理がいらない(ほぼいらない)アニーの
ペイントですが、既に何らかの塗料でペイントされた
ものを塗るときは濃いめでたっぷり塗ってあげた方が
仕上がりがいいようです。

ペイント中の写真がないのですが
リズムよくささっと塗りました。
塗っていると、元の色の緑との相性が
なかなか面白くて、
下地の色も活かす感じで本当にざっと塗りました。

お天気はむしむし湿度の高い曇り。
蒸し暑いスレート屋根の下でペイントしながら1時間ほどで
ほぼ乾いてしまいました。

「オービュッソンブルー」を
ぼろ切れで拭きあげながら
SANPOHさんちの庭を造り始めた頃
欲しかったブルーのベンチの事を思い出しました。
よそのお店のディスプレイに使ってあった
そのベンチ。
譲ってもらえないかと交渉しましたが・・・
やっぱりだめでした。
ステキでしたもんね。

でも今はアニーの「オービュッソンブルー」があるので
何でも憧れのブルーのベンチ色に変えられます。
ふふふ、やったー!
つい、独り言が出てしまいます。

お昼のおにぎりを食べる間に
ペイントはすっかり乾き、ソフトワックスを塗り始めました。
「ハンドクリームを塗るように」です。
ワックス用の筆でワックスを塗り込み
ぼろ切れで余分な油分を拭き取りながら
まんべんなく磨き上げます。
(今回はクリアワックスのみ使用)
すると、あら不思議!

unnamed-15.jpg

ブルーがぐんと深みを帯びていきます。
「ビロードのような」という表現に納得します。
マットな仕上がりなのですが、まるで柔らかい毛足があるかのような
独特の優しい輝きが生まれます。

しっかり拭き上げ、元の場所に戻してあげました。

unnamed-16.jpg

「オービュッソンブルー」に
塗り替えられたこの棚、ずーっと前からここに
いるかのようにしています。

オービュッソンとはフランスの地名。
ベルサイユ宮殿にも使われている
絨毯やタピスリーの有名な産地だそうです。
そこで見いだされた「青」に由来する
アニースローン チョークペイントのカラー、
「オービュッソンブルー」です。

unnamed-17.jpg

今回もペインとしてよかったな、と思いました。
この棚も塗られてハッピーになってくれてたら嬉しい!


SANPOHのお庭づくり

『お庭に家族の笑顔を増やしたい』
鹿児島出水の小さなお庭屋さん、SANPOH社のお庭づくり記録「お庭のかたち、家族のかたち」

出水市Sさま邸の新築外構工事 Vol.2をお送りします。

掘削・鋤取り作業を終えたら、ブロック下地積工事です。

2013090714270000.jpg

今回は、曲線ラインを門袖にも取り入れました。
きれいな曲線ラインを作るために、40cmあるブロックを2等分から4等分にカットし
積み上げました。

ブロックの目地は、塗装の前にコンクリートモルタルで下地処理を行いますので
表には現れません。

さらに、積み上がった袖壁を切断機でカットしアクセントを加えました。

2013090908460000.jpg

カット後の門袖です。

2013090913430000.jpg


両サイドの角を落とすことで、柔らかさが出てきます。
ちょっと小窓を作りかわいらしさをプラスしたら、花壇を作成していきます。

2013091310030000.jpg


花壇には、レンガを使用します。
ここでも曲線ラインをきれいに出すために、レンガを半分にカット!
職人さんも真っ白になりながらの作業です。

道路境界の角柱には、こんなアクセントを!

2013091310030001.jpg

乱形の自然石をモルタルで造形した枠の中にパズルのように
貼り合わせていきます。

2013091312070000.jpg

石貼り完了です。

ここに、アイアンの表札と、素敵な表札灯を設置します。
夜のライトアップも楽しみです。

ブロック積工事の後は、いよいよ駐車場やアプローチなどの土間工事に
着手していきます。

2013091715200000.jpg

まず初めにアプローチ工事です。
今回のアプローチは、自然石の洗い出しで仕上げていきます。


この続きは、また次回!
どうぞお楽しみに。

雑貨屋さんの気持ち


こんにちは。
鹿児島出水の小さな庭屋SANPOHです。

鹿児島地方はついに梅雨入りです。
昨日までの日差しが恋しいですね。

雨降り・・・
ガーデン雑貨とアニースローンチョークペイントを
主に担当してますSANPOHママは
学生時代を思い出します。

普段は元気にチャリ通でしたけど、
雨降りの日はバス・・・バス。
頭痛持ちのわたしは満員のバスに乗るのが苦痛で
仕方ありませんでした。

でも、そんな雨の日のいいところは
バスのターミナルまでわざと遠回りして
街をぶらぶらできること。

両手の鞄を重たい重たいと
何度も持ち替えながら
とことことことこ・・・・

「あーあんな服が着てみたいな・・・」
「あー、あの絵をまた見に行こう。」
「あのお店のいいにおいをかいでから帰ろうか!」

なんて、たくさんの夢と希望をもらったものです。

そしていつも思っていました。

「お店の人は、お店の自慢の素敵な品物を
誰かが買って行ってしまう時って、淋しくならないのかな・・・」

それから十数年経ち、
昔立ち寄ったたくさんの素敵なお店をお手本に
雑貨を販売しています。

扱う商品は思いのある気持ちの良い人たちから
分けていただきたいと思っています。

お店にやってきた商品たちは全部わが子のように
かわいいです。

ぜひ素敵な方に買っていただき
大切に使っていただきたいと願いディスプレイしています。

だけどやっぱり、買っていただけるとうれしい!
けどちょっとさみしいな・・・・
と感じる特別な品物があるのです。

こちらは先日やってきたアンティークの小物たち。

antique.jpg

何十年前のどこの人たちがどんなふうに使っていて・・・
と考えると面白くてたまりません。

ヨーロッパや古いアメリカ生まれの彼らが
何十年もの後にはるばる日本までやってきて、
さらに鹿児島出水の高尾野っていうところに
来るなんて・・・誰も想像しなかったはず!
そんなことを考えると笑えます。

手前の丸いのはヨーヨーキルトです。
映画に出てくる田舎のお母さんが着ている
ワンピースの柄みたい。
こんな布を探そうとしても見つかりません!

これまで何人の人が手にしたかわからないけど
そのみんなに大切にされたから
今ここにあるんだろうな、と思います。

だったら、このヨーヨーは
「幸せのヨーヨー」です。

そしてこちらは
ブリキのじょーろ。

zakka.jpg

SANPOHのロゴはじょうろなのでお店にも
大小さまざまなじょうろがありますが
このじょうろ君は一際個性的です。

デザイン性も機能性も高い
クラフトマンシップなじょうろは探せば結構あるんですが
こちらは素朴なabtな、
鹿児島の言葉ではテゲテゲなじょうろなのです。
ハンドメイドのぬくもりと情熱が伝わってきて
なんだかかわいらしくて仕方ありません。

実用的ではない(?)かもしれませんが
お庭やお家のシンボルとして、
花器として使うのもいいなと思っています。

この真上を向いたハス口がチャームポイント!
堂々としていて
いいでしょう?

こんなスタッフお気に入り雑貨は他にもいろいろありますが
大切にしてくださる方に手に取っていただくのが
もちろん一番です!


お庭いじりを始めたい方が
「まず何を揃えたらいいの?」と聞かれます。

わたしたちはぜひ、何か一つ
お気に入りのものをそばに置いてほしいと思っています。

庭仕事なんて気の長い作業です。
すぐに結果が出ることばかりではありませんし、
作業は泥まみれで中腰で、日焼けして虫も出てきて・・・
苦痛に感じることも多いはず。

それにお花が咲いても晩のおかずにはならないんですよ!

でもそんなときにお気に入りの道具が一つあれば
きっとその道具がお庭で過ごす楽しみを教えてくれるはずです。


小さな雑貨屋ですが、たくさんの楽しいお話を持った
雑貨たちがいます。

雨の日が続きそうですが退屈な日には
ぜひ遊びにきてくださいね。




http://www.garden4everyone.com

«  | ホーム |  »

プロフィール

株式会社 山宝

Author:株式会社 山宝
私たち株式会社山宝(SANPOH)は 庭仕事の業界ではまだまだ若く小さな会社ですが、『お庭を通して笑顔の絶えない仲良し家族を増やしたい』との想いを持って日々活動しています。
他にも・・・
くらしのこと、家族のこと、環境のことなどなど、学び続けて行きたいと思っています。
鹿児島出水市のオフィス兼店舗・ECサイトでは、Annie Sloan CHALK PAINT™のストッキスト(正規販売店)としてアニースローン チョークペイントやその他アニースローン商品の販売・ワークショップなどを行っています。

↓SANPOH社のアニースローン通販サイト
「The Little Ladybird」
http://www.oniwaii4.com

http://www.garden4everyone.com

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。